【動画】野生動物の肉「ジビエ」の普及を目指して作られた解体車=合田禄撮影

 NPO法人「日本ジビエ振興協議会」(埼玉県)などが、捕獲したイノシシやシカなどの野生動物を現場近くで解体できる車を作り、19日、新潟市で公開した。素早い解体、冷蔵により夏でも野生動物の肉「ジビエ」の流通を広げられる可能性がある。8月から各地で実証実験を始める予定だ。

 解体車はトヨタ自動車の2トントラックをベースに、特殊車両などを手がける北村製作所(新潟市)などが協力して、約1500万円かけて作製。荷台には解体室と衛生管理のための中間室、5度に保つ保冷室を備える。動物をつるして洗え、汚水も外に出さずに回収できる。シカやイノシシを1日に最大5頭処理できる。

 シカやイノシシは狩猟や有害鳥獣としての駆除で、それぞれ年間約50万頭捕獲されている。野生動物の肉を流通させるには、捕獲後に都道府県の許可を受けた施設で解体する必要があり、厚生労働省は指針で、すみやかな施設への搬入を求めている。だが、夏場は駆除数が多いものの、捕獲後1~2時間で肉の質が悪くなるため、鮮度を保つのが難しく、大半が廃棄されている。

 この解体車なら車内で内臓を取り出して皮をはぎ、すぐに冷蔵できる。その後、処理施設に運んでさらに加工して冷凍し、ジビエ料理を出す飲食店などに提供する。

 協議会などは、解体車について食肉処理施設として必要な許可を長野県を手始めに申請し、来月以降、長野、福岡、鳥取、愛知で実際に使い、肉の味や衛生面を確かめる。ジビエの普及が狙いだ。協議会の藤木徳彦理事長は「捕獲されたシカやイノシシを活用できる割合を増やしたい」と話す。(合田禄)

関連ニュース