2015.04.25

vol.22 シガーと珈琲

アーカイブ

今回は食後の醍醐味であり、憧れている人もいるであろうシガーのマリアージュのお話です。
私が個人的にも気に入っているシガーに、パルタガスというメーカーがあります。パルタガスはキューバシガーの中でも、
コイーバやモンテクリストなどのトップブランドと並んで非常に人気があります。中でもパルタガス No4 セリーDはロブストと
言われる、少し太めのサイズの中では多くのシガー愛好家の支持を受けています。アロマティックで甘く、香ばしさの中に
キャラメルのニュアンスがあり非常に複雑な香りをもっています。香りには重量感があるため、ヘビーな雰囲気を持つ
シガーです。このシガーにあわせて香り高いブランデーやウィスキーをおすすめすることもありますが、お酒だけではなく
コーヒーとの相性もおすすめです。コーヒーの味のバランスは苦味、酸味、コク、それと香りです。エスポワールでお出ししている
コーヒーは、ランチやディナーのしっかりしたお料理のあとにお召し上がり頂くので、豆のローストは強くし、濃く抽出することで、
香りと苦みが強く残り食後にすっきりしていただける味わいです。コーヒー豆の産地はブラジルとエルサルバドルのブレンドで、
濃く抽出してもバランスのとれた味わいが保たれます。
シガーというとよく食後の4Cといわれる相性のよいものがあり(cigar,cognac、coffee,chocolate,)中でもコニャックと楽しむ
というのが王道的で、相性も抜群と言われています。コニャックのもつアルコールがより心地よさとシガーの甘みを感じさせて
くれますが、同じ4Cの一つのコーヒーはまた違った雰囲気でシガーとの相性を楽しませてくれます。コーヒーの持つ苦味とパルタガスセリーDの
苦味がうちけしあって、香りが強調され、双方に共通する香ばしさと甘く複雑な香りのマリアージュが楽しめます。私自身、
この組み合わせは、よりはっきりした香りが感じ取れる気がして、とても気に入っています。
シガーとコーヒーは私が理想とする食後の素敵なシュチュエーションの一つです。もちろんエスポワールにはシガールームも
ありますので、クラッシックな雰囲気で楽しまれるのもよいですし、晴れた蓼科の緑の中で、ガーデンチェアーにかけてゆっくり
楽しむのもこの地ならではの贅沢かと思います。
エスポワールではシガーの楽しみ方もレクチャーしますので、試してみたいという方、ぜひお気軽にお声かけ下さい。