2019.10.15

エスポワールワイン会開催します!

11月16日(土)開催のワイン会のお日にちが近づいてきました。
今回のワイン会は、シャンパンカクテルから始まり、ピノノワールから作られる5種のワインとそれぞれのワインに合わせたお料理をお楽しみいただきます。
目玉は入手困難といわれる城戸ワイナリーの自社農場で作られるピノノワールや、80年代の熟成したあじわいを持つフランスブルゴーニュ地方のオールドヴィンテージもご用意いたします。

お料理はエスポワールのスペシャリテでもあるジビエ料理も加えてご用意いたします。各国でつくられるピノノワールの解説を交えながら料理とのマリアージュをお楽しみ下さい。
また年明けの1月11日(土)にはオールドヴィンテージのワイン会も開催予定です。
まだまだお席のご用意はできますので、皆さまのご参加お待ちしております。

「ピノノワールを楽しむ会」予定ワイン
・09年 La Rose du Clos  Lambrays   

 ブルゴーニュ地方の偉大なグランクリュクロデランブレイを所有するドメーヌドランブレイがセニエ方式で作るロゼワイン。クロデランブレイの葡萄から作られるエレガントなスタイル。

・16年 Il Chiuso  Castello di Ama 

キャンティクラシコの作り手カスティロディアマがピノネロ(ピノノワール)と伝家の宝刀ともいえるサンジョベーゼを混醸して作る。強く長期熟成向きのワインを手掛けるスタイリッシュな味わいのワイン。        

・16年 城戸 Private Reserve Pinot noir   Kido ワイナリー

長野県塩尻市にある小さなワイナリー城戸ワイナリーが作るピノノワール。日本では栽培が難しいといわれているが、城戸さんが栽培、醸造したピノワールは大変楽しみです。                       

・97年 Ici La-Bas LaDetente    Au Bon Climat

伝説の作り手アンリジャイエにワイン作りを習い、恵まれた土地で育ったブドウをDRCが使用する樽と同じもので熟成させたこだわりのピノノワール。

・88年 Volnay   Jean Marc Bouley   

世界で最もピノノワールの栽培に適しているといわれるブルゴーニュ。その中でも、しなやかできれいな酸味とその香りからファンも多いヴォルネイ。熟成し複雑さを備えたピノノワールは芸術ともいえる味わいです。

 

<ご予約・お問い合わせ>

オーベルジュ・エスポワール

TEL: 0266-67-4250

Mail: espoir@po23.lcv.ne.jp